短い間だったけどありがとう

短い間だったけどありがとう

身勝手な話です。評判がいい愛知 水子供養←こちら

 

20代前半の頃当時付き合っている方の赤ちゃんができたんです。お任せください!愛知 永代供養はこちら。
もちろんこれが初めての妊娠。
私は産みたいと思っていましたし、彼もそうだと思っていました。聞いたサイトはこちら⇒岐阜 水子供養クリックしてください

 

でも実際は彼はまだ仕事を始めたばかりという事で反対。
周りもでした。1人で産む経済力もないので赤ちゃんは諦めることに。
妊娠しといて諦めるとか身勝手ですよね。当時は若かったせいもあり、私はふさぎ込んでしまったんです。
やっぱり赤ちゃんのために何が出来るか考えた時に思いつくのが供養でした。
幸い近くに水子供養をして頂けるお寺がありましたのでお願いに行きました。
私は学生でしたので5千円しかもっていけなかったのですが・・。ご相談は愛知 納骨で!

 

お経をあげてもらい、お坊さんのお話を聞きました。
最後に私に言ってくれた言葉でかなり救われたんです。
「赤ちゃんは生まれてからその子の人生が始まる。」
「お母さんのお腹にいるときは、まだお母さんの人生なんですよ」
お腹にいる時も出産した今では大切な時間なのは分かってますが、あの時の言葉は今も理解できる気がします。気になる行政書士事務所愛知 墓地をチェック!